小村雪岱
《刺青(邦枝完二「お傳地獄」挿絵原画(『名作挿画全集 第1巻』(平凡社、昭和10年)のための))》

昭和10(1935)年 埼玉県立近代美術館
北野恒富《道行》
魔性の魅力、
ふたたび

数多の男性を次々と翻弄する一方、夫への一途さも持ち合わせる天性の悪女・お傳。巷で評判の白い肌を露わに、もの想うような眼差しで彫り物の痛みに耐える彼女に迫るアクシデントとは?小説「お傳地獄」の官能的で緊迫感あふれる一場面を、整理された描線と色面構成で表しています。