橘小夢《安珍と清姫》

大正末頃 弥生美術館
橘小夢《安珍と清姫》
絡み愛

安珍・清姫伝説のクライマックスシーン。物語では安珍が隠れた鐘に蛇の清姫が巻きつき彼を焼き殺しますが、この作品では透視のように鐘の中が描かれています。全裸の安珍に清姫が絡みつき接吻しようとする光景はエロティックであり美しくもあります。